Alert!ウェブサイトを閲覧する環境が整っていません。スタイルシートを有効にしてください。

京王線調布駅北口より徒歩3分、調布市小島町にある地域密着型の小笠原歯科医院ウェブサイト

小笠原歯科医院

歯周病予防

歯周病とは

歯周病は歯槽膿漏という名でも知られ、虫歯(う蝕)と同様に非常に罹患率の高い歯科疾患です。最近ではテレビコマーシャルなどで歯周病予防ブラシや洗口剤が宣伝されるようになり、歯周病という言葉をよく耳にするようになりましたが、実際に歯周病がどのような病気であるか、また歯周病を予防するには具体的にどうしたらいいかについては様々な疑問や誤解があります。

歯周組織−正常な歯(左)と歯周病に侵された歯(右)

歯周組織−正常な歯(左)と歯周病に侵された歯(右)

歯周病の原因

歯周病の病因として一番大きく関与しているのがプラーク(「歯垢」として広く知られています。)と呼ばれる細菌のかたまりです。プラークは虫歯にも関与しますが、いわゆる歯周病菌(歯周病原細菌)はプラークという形で歯と歯茎の境目付近に沈着・停滞し、特異な毒素を産生することにより歯を支える歯肉や骨といった歯周組織を破壊します。歯周組織が破壊されると、歯茎の色が健康なきれいなピンク色から赤色や紫色を帯びた暗い色に変色し、歯ブラシなどの軽い刺激で出血するようになります。
逆に言えば、歯ブラシで少しでも出血が見られれば歯周組織に何らかの異常があると考えてよいでしょう。そしてさらに歯周病が進行すると、歯茎の変色や出血に加え、歯が食事の時などにグラグラ揺れ始めます。このような状態になると治療は困難を極め、不幸にも、そして残念ながら歯を抜かなければならないケースが多く見られます。
また、最近取りざたされているのが歯周病と糖尿病の関係です。糖尿病にかかっている方は細菌に抵抗する力が弱く、健康な人より歯周病にかかりやすいことがわかっています。内科などで食事療法、投薬などで血糖を良好にコントロールすることにより歯周病のリスクは軽減されますが、歯科での予防・治療も重要です。
糖尿病とともに歯周病にかかるリスクが高いのは喫煙です。喫煙は末梢血管を収縮させ、血の巡りを悪くさせます。歯茎にも末梢血管がたくさんありますから、血のめぐりが悪くなった歯茎は細菌と戦う能力が減少し、歯周病になってしまうというからくりです。
歯周病の原因という目で見ると、噛みあわせが悪かったり歯ぎしりがあったりすると歯周病が悪化する原因となります。また合いの悪い銀歯や差し歯などもプラークが停滞しやすく、その箇所だけ極端に歯周病が進行するということがよくあります。
歯石は表面がざらついていおり、プラークが停滞しやすいため歯周病の原因の一つとされています。特に下の前歯の裏側は歯ブラシで口の中を清潔に保っている方でも歯石がつきやすく、そこから歯周病が進行していくケースが多く見られます。

年齢と歯周病の関係

虫歯は比較的小児期にかかりやすいのですが、歯さえあればどの年齢でもかかるといってよいでしょう。しかし20歳くらいまでの若年者でも歯周病にかかることはありますが、多くの場合特殊なケースで、日常めったに目にする機会はありません。逆に中年期以降の方ですと程度の差こそあっても半数以上の方が歯周病になっているといわれています。
特殊型を除いて、歯周病の多くは男女を問わず35歳以降に発症しやすいといわれます。この原因として大きく関与しているのが加齢による免疫的抵抗力の低下です。
体力の低下は日常生活において疲れやすいなどといった感じで自覚することができますが、免疫力の低下は自覚することができず、知らず知らずのうちに進行し口の中に現れるのが歯周病なのです。

歯周病の何が悪いのか

歯周病になって困ることは、何より歯が抜けてしまうことです。原因が何であれ、最近の歯科医学ではできるだけ歯を抜かないで残す治療をするというのが原則となってきていますが、重度に歯周病が進行し、見た目にも歯がグラグラするのがわかるような歯は残念ながら抜かなければならないことが多いのが現状です。これは治療の効果も見込めず使い物にならない歯を残すことによって、噛みかたのサイクルや噛みあわせを狂わせてしまうより、抜いてしまって正常に近い「噛む」という機能を回復した方が良いという考え方があるからです。
歯が抜けてしまった後の治療はケースによって様々ですが、通常ブリッジ入れ歯という形で治療することが多く、最近ではインプラントも治療の選択肢となります。しかしインプラントでさえも正常な生体機構を回復するものではなく、ものを噛んで食べる効率も自分の歯には遠く及びません。予防・治療を行い自分の歯を残し、自分の歯で噛んで食べる喜びをいつまでも持ち続けることが重要なのです。
また歯周病は口臭の原因となります。これは偏性嫌気性菌に分類される歯周病原細菌が産生する硫化水素メチルメルカプタンなどの化学物質が原因となっています。
口臭の原因は内臓疾患、鼻疾患、虫歯などもありますが、ほとんどの場合が歯周病と言っても良いでしょう。口臭は自分だけではなく他人にも影響を及ぼすものなので、お悩みの方も多くいらっしゃいますが、ブラッシング指導を中心とした歯周病治療で治ることが多いです。
歯周病によって歯茎の色が黒ずむことによって見た目も悪くなります。また歯が移動や傾斜することによって出っ歯のような状態になることもあります。歯茎の色は比較的簡単に改善することができますが、移動・傾斜した歯の治療は困難を極めます。

歯周病のこわさ

歯周病の怖さはずばり痛くないことです。もちろん歯周病が進行して歯がグラグラ揺れる状態にまでなると物を食べるときに痛みは出てきますが、歯周病は治療が困難になるほど進行しなければほとんど痛みが出ないのです。糖尿病や高血圧も初期段階では自覚症状もなく普通に生活できますが、放置しておくと重篤な障害を生じるように、歯周病も知らないままどんどん進行しやすいのが特徴です。
生まれてから何十年も虫歯もなく歯医者には無縁だったのに、歯がグラグラして歯科医院に行ってみたらほとんどの歯を抜かなくてはならなくなるというような不幸なケースも実際にあります。予防に関しては後述しますが、特に40歳台、50歳代での早期発見・早期治療、そして何よりも予防によって歯を失うことを防ぐことが重要なのです。

治療前

治療前

治療後

治療後

歯周病に対する誤解

誤解その1「年をとれば自然に歯が抜けていく」

「年をとれば自然に歯が抜けていくのは自然なこと。」これはあながち間違いとも言い切れませんが、予防・治療をするのとしないのでは大きな差が出てきます。加齢により免疫力も低下し歯周病にかかりやすくなることも事実ですが、近年では「80歳で20本の歯を残そう」という8020(ハチマルニイマル)運動の成果のためか、口腔衛生に関する意識も向上し、高齢者でも昔に比べてより多くの歯が残るようになったという統計も出ています。
歯を失い、初めて入れ歯を口の中に入れる方は、「よく噛めない」「異物感があって吐き気がする」とお悩みの方が多くいらっしゃいます。もちろん私ども歯科医師はできるだけ患者さんに苦痛の少ないよりよい入れ歯を作るよう努力していますが、それでも「異物」を口の中に入れるという違和感や噛む効率の低下は避けられません。
何より早期発見・早期治療、そして予防なのです。

誤解その2「歯磨きをしても歯は抜けていく」

「歯磨きをしっかりしているのにもかかわらず、歯が抜けてしまうならそれは仕方がないこと。」これもある意味では間違いではありません。1日の歯磨き回数も重要なのですが、歯周病予防においては歯磨き回数よりもむしろ磨き方の方が重要です。虫歯は食事後、数十分・数時間という単位で少しずつですが進行していくので予防にはこまめな歯磨きが重要ですが、歯周病はしっかり歯磨きをしていれば1日や2日くらいでは進行しません。歯周病予防のためには「歯と歯茎の境目と歯と歯の間を重点的に、歯の裏から奥歯の奥まで磨き残しのないように」歯磨きをすることです。1日3回歯磨きをされている方でも歯周病になってしまうのは、その3回とも同じ場所に磨き残しをしてしまい、何日も何ヶ月も、あるいは場合によっては何年も何十年も汚れのたまったままの場所ができてしまい、そこから歯周病になってしまうのです。

しかし「歯と歯茎の境目と歯と歯の間を重点的に、歯の裏から奥歯の奥まで磨き残しのないように」と言葉では簡単でも実際には容易なことではありません。このような理想的な歯磨きこそが歯周病予防の要であり、この歯磨きの実現は患者さんと歯科医師・歯科衛生士との「共同作業」なのです。
次の項からはこの「共同作業」についてお話します。


Copyright (c) Ogasawara Dental Clinic. All Rights Reserved.