Alert!ウェブサイトを閲覧する環境が整っていません。スタイルシートを有効にしてください。

京王線調布駅北口より徒歩3分、調布市小島町にある地域密着型の小笠原歯科医院ウェブサイト

小笠原歯科医院

歯周病予防

歯周病の予防

予防がなぜ重要なのかは前のページでご理解いただけたかと思います。つまり「歯を残す」「入れ歯にしない」ということです。

診査・診断

他の病気についても同じことが言えますが、予防をするためには今現在の病気の状態を知ることが一番重要です。歯周病は歯の生活習慣病とも言われ、高血圧や心臓病などと同様に、症状として現れる頃には相当病状が進行し治療が困難になることがしばしばあります。治療が困難とはつまり抜歯です。近年の歯科治療では「極力抜歯を避けて保存」が原則となってきていますが、どうしても歯を抜かなければ治療できないケースに一番陥りやすいのが歯周病です。だからこそ予防が重要なのです。

主な歯周病の診査には以下のようなものがあります。

  1. プロービング(歯周ポケットの深さ測定)
    プロービングは歯と歯茎の間の溝(これを歯周ポケットといいます)をプローブと呼ばれる専用の物差しを使って深さを測定します。普通歯周病の状態が悪いほど歯周ポケットは深くなります。
  2. BOP(出血の程度)
    BOPとはBleeding On Probingの略でプロービング時の出血のことを言います。プロービングのような軽い刺激で出血してしまうということはその箇所が歯周病原細菌の活動性が上がっていることを意味します。通常の歯磨きで出血するような状態ですとBOPも陽性であることが多いです。
  3. 動揺度診査(歯がどれくらい揺れるか)
    歯周病が進行し、歯を支える骨が破壊されると当然歯は揺れるようになります。健康な歯でも少しは揺れるのですが、健康な歯が横に0.2mm程度揺れるのに対して、病的な状態では1mm以上歯が揺れます。縦方向に歯が揺れると相当重篤な状態であると判断されます。
  4. PCRなど(歯垢の付着状態)
    歯垢がどれだけ付着しているかを見る診査法にはPCR法(Plaque Control Record)などがありますが、言い換えれば、これはどこに磨き残しがあるか、また普段どのようなブラッシングをしているかを見る診査法で、上記3つの診査より予防という意味ではより重要な診査項目になってきます。この診査をもとに歯科医師・歯科衛生士がブラッシング指導を行います。

プラークコントロール

歯面研磨中

歯面研磨中

プラークコントロールとは歯垢(プラーク)を歯ブラシによって取り除いて虫歯や歯周病のリスクを軽減することです。そして歯周病の予防でも治療でも一番重要な項目です。
語弊のある言い方かもしれませんが、プラークコントロールをするということは1日3回毎食後の歯磨きをすることでもなければ、薬用成分配合の歯磨き粉を使用することでもありません。もちろんそういったことに気を配ることも重要なのですが、もっと重要なのは磨き残しをなくすことです。「歯周病とは」のページでも言及しましたが、いくら毎食後に歯磨きをしていても歯磨きの「クセ」は誰にでもありますから、毎回同じところに磨き残しができます。これが何週間も、何ヶ月もあるいは何年も磨かれない状態でいると、そこから歯周病は進行していきます。この「クセ」をPCRなどの方法によって見つけ、是正するのが歯科医師・歯科衛生士の仕事で、それを実行するのが患者さんの仕事なのです。
歯垢が付着するのは防げませんし、歯垢を洗口剤などの薬品単体では決してそれを除去することはできません。放っておけば必ず付着する歯垢を取り除く唯一の方法は歯磨き、ブラッシングなのです。
正しい歯磨き法を指導することをTBI(Tooth Brushing Instruction)と言い、歯科では歯科医師・歯科衛生士がこれを担当することによって歯周病の予防・治療を行います。
正しい歯磨き法の指導を一度でも受ければ歯周病予防には絶大な効果があります。もちろん何回か通院して普段のブラッシングの再評価を受ける方がより効果は上がりますが、まず歯科を受診してTBIを受けることをおすすめします

歯磨き粉

歯ブラシが大切

歯ブラシが大切

ブラッシングに関しては歯科医師・歯科衛生士によって考え方が様々ですが、よく受ける質問として歯磨き粉(歯磨剤)の使用に関することがあります。

歯磨剤使用の大きなメリットは二つあります。まず成分の研磨剤が茶渋やタバコのヤニなどの外来性色素沈着を抑制します。歯磨剤を全く使用しないと歯が部分的に茶色に汚れてきたりします。もう一つは配合されている薬用成分により歯質が強化されたり細菌の増殖が抑制されたりします。
歯磨剤使用にメリットがあれば、もちろんデメリットもあります。歯ブラシにかける力が強かったり、歯ブラシの振動法が誤っていたりすると成分の研磨剤により歯の根元の部分が磨り減って知覚過敏などの原因になります。そして最大のデメリットは清涼剤として配合されているメントールにより口の中がさわやかになり、磨き残しがあってもすっかり磨いた「気」になってしまうことです。ただし、正しいブラッシングを行い正しい力で、正しい振動法でかつ磨き残しをなくせばこれらのデメリットはなくなります。
忙しくてどうしても歯科を受診できない方には次の方法をおすすめします。朝や昼など忙しい時には歯磨剤を使って短時間にブラッシングを済ませる代わりに、時間に余裕のある夜は歯磨剤を使わずに爽快感が得られるまでじっくりブラッシングをすることです。こうすれば上記のデメリットをある程度相殺できるのではないでしょうか。

スケーリング(歯石取り)

スケーリング中

スケーリング中

歯石は歯垢と同じく歯周病を悪化させるものとして重要なファクターになっています。歯垢は歯科医師・歯科衛生士が行うTBIと患者さんによるブラッシングの共同作業でコントロールしていきますが、歯石はブラッシングでは除去できませんので、歯石除去は完全に歯科医師・歯科衛生士の仕事になります。歯に歯石が着いていると正しいブラッシングをしていてもプラークを除去しきれず歯周病が進行してしまいますので、もっぱら歯科医師・歯科衛生士が歯周病予防として行うことはスケーリングが多くなります。
スケーリング(歯石取り)にはいくつかの方法がありますが、通常、超音波スケーラーと言う先がとがった器材の先端を微震動させることにより歯石を粉砕します。また大きな歯石の場合は先に刃がついた器具ではがし落とすこともあります。進行した歯周病では局所麻酔を併用し歯石を取り除くこともありますが、予防の段階での処置では無痛であると言って差し支えないと思います。

まとめ

歯周病予防で重要なことは、

  1. まず歯科を受診し自分の歯の状態を知ること
  2. 歯科医師・歯科衛生士と患者さんの共同作業でプラークコントロールをすること
  3. 歯科医師・歯科衛生士がスケーリング(歯石取り)をすること

です。また一度診査を行い自分の歯に問題がないことが証明されても、加齢によっていつ歯周病が発症し悪化するかわかりません。特に中年期以降ではそのリスクも非常に高いため半年に一度は歯科を受診し自分の歯の状態を把握し、スケーリングなどのメインテナンスを受けることをおすすめします。


Copyright (c) Ogasawara Dental Clinic. All Rights Reserved.