Alert!ウェブサイトを閲覧する環境が整っていません。スタイルシートを有効にしてください。

京王線調布駅北口より徒歩3分、調布市小島町にある地域密着型の小笠原歯科医院ウェブサイト

小笠原歯科医院

歯周病予防

歯周病の治療

歯周病の治療はそのケースによっては複雑で難解なものになります。ここでは重要事項と主な治療法についてご説明いたします。

プラークコントロール

前のページでお話したように歯周病の予防は重要ですが、予防処置の進め方はほぼ診査プラークコントロールスケーリングの3つだけで、考え方としては単純ですが、治療となるとその程度、場所、原因などによって多岐にわたり複雑です。しかしどんなタイプの歯周病でも共通した治療法でかつ最も重要な治療がプラークコントロールです。

プラークコントロールの悪い口腔内

プラークコントロールの
悪い口腔内

プラークコントロールが改善された口腔内

プラークコントロールが
改善された口腔内

歯周治療の特殊性(歯周病治療は歯科医師と患者さんの共同作業)

歯周病以外の病気を治療するときにも患者さんの協力なしには成り立たないことはありますが、多くの場合それは決められた時間に決められた量の薬を飲むことなどが中心になります。ほとんどの病気の治療は医師・歯科医師が主体となって行うものですが、歯周病治療は歯科医師と患者さんの共同作業で成り立ちます。その主体となるのがプラークコントロールです。
虫歯の治療ですと患者さんがするべきことはほとんどありません。歯科医師が虫歯を取り除き、詰め物を施すだけです。入れ歯による治療もほとんど歯科医師に任せっきりでも、歯科医師は患者さんの希望をききそれに従いながら治療し、患者さんの仕事と言えば入れ歯に慣れてもらうだけです。しかし歯周病治療は患者さん自身の手で毎日正しいブラッシングを行い、プラークコントロールをしてもらう必要があります。病気を治すのは医師・歯科医師の仕事であるという考え方が支配的で、実際に多くの病気がそうです。これが歯周病治療を困難にしている大きな原因だと思います。
もちろん患者さんの手によるプラークコントロールなしには全く歯周病の治療ができないかと言ったらそういうわけでもありません。しかし、スケーリング(歯石取り)噛み合せの治療によって一時的に症状が軽くなることはあっても、歯周病の最も大きい原因がプラーク(歯垢)である以上、患者さんが毎日行うプラークコントロールなしには根本的解決にはならず、歯周病は進行を決してやめません。
歯周病治療は7割がプラークコントロール、残りの3割は歯科医師が行う治療とお考えください。そして患者さんにとって最良なプラークコントロール法をお教えするのが歯科医師・歯科衛生士の仕事です。

治療前

治療前

ブラッシング指導(TBI)

ブラッシング指導(TBI)

治療後

治療後

スケーリング(歯石取り)

スケーリングについては「歯周病の予防」のページで取り上げたように、歯石を取り除くことによって歯垢が付着しにくくするために行うことです。基本的には歯周病予防で行う内容とほぼ同じなのですが、進行した歯周病ですと歯と歯肉の間の溝(歯周ポケット)奥深くまで入り込んだ歯石が歯の根面に付着していることが多いので、麻酔を施して歯石取りを行うことがあります。麻酔下のスケーリングは歯周病になったら必ずやるというわけではなく、診査によって明らかに歯周ポケット内に歯石が存在することが明らかで、それが歯周病悪化の原因となっている場合に行う治療法です。

ルートプレーニング(根面の滑沢化)

ルートプレーニング(root planning)は歯の根面の深い所に付着した歯石によってでこぼこになった根面を滑沢にすることで歯垢を付着しにくくし、正常な歯周組織を回復するための治療です。具体的には麻酔を施すスケーリングとほぼ同じものであるとお考えください。方法はほとんど同じなのですが、目的が少しだけ違うものです。

歯周ポケット掻爬

歯周病原細菌に侵され正常な組織として機能しなくなった歯周ポケット内の歯肉(不良肉芽)掻き出す治療です。通常麻酔を施すスケーリング・ルートプレーニングと同時に行い、正常な歯周組織の回復を試みます。

不良な詰め物・被せ物に対する処置

歯に施した詰め物や被せ物の形が悪いと、そこにプラークが溜まる原因となります。形を直すだけで改善が見込める場合もありますが、その下に虫歯が発生している場合などは作り直すこともあります。

咬合調整(噛み合せの調整)

噛み合わせが悪く、一つのだけ歯に大きな噛む力が加わると局所的に歯周病が悪化することがあります。これを咬合性外傷といい、通常相当進行しなければ痛みを生じない歯周病で痛みを生じる大きな原因となっており、歯周病治療においてプラークコントロールの次に重要ともいえる治療内容となっています。この治療では虫歯でもない歯を削る事もありますが、相対する歯が銀歯や入れ歯の場合そちらを選択的に削り咬合調整を行います。

入れ歯の作製

抜けた歯を放置しておくと、それがたとえ1本であっても、残った歯は噛む力に対する不均衡にさらされ、先ほどの咬合性外傷を生じる大きな原因となり、歯周病が悪化を引き起こすことがあります。そういう意味でブリッジや入れ歯歯周病治療の一環として捉えることもできます。

暫間固定

歯の揺れが激しく、それが歯周病の原因として考えられる場合、一時的に隣のしっかりした歯と接着して歯の安定を図ることがあります。これを暫間固定と言います。

抜歯

様々な治療法を勘案しても歯を残せないと判断された歯は抜歯が選択されます。レントゲン写真上で歯を支える骨がほとんど吸収されて、常にグラグラ揺れているような歯は噛み合せの不均衡を引き起こします。たとえば右の歯がグラグラ揺れてまともに噛むことができないので、左の歯でばかり噛んでいると今度は右の歯が咬合性外傷などを引き起こし噛めないようになることもありますし、顎関節症などを引き起こしかねません。なにより歯として機能していない歯を残しておくメリットはありません。
歯科医師はたとえ誰が見ても抜歯が必要だと判断するような歯でも、患者さんが抜歯を拒否すれば抜歯を実行することは決してありません。歯科医師にはそういう歯を抜かずに放置するとどうなるか、または抜いたらどうなるかを患者さんに説明する義務があります。

歯周外科処置

歯周外科とは歯周病の治療のために麻酔やメスなどの器具を使って行う日帰りの小手術のことです。小手術とはいえメスなどの手術器具を使いますから、患者さんにも肉体的・精神的負担がかかります。歯周外科処置は放っておけば抜けてしまうかもしれない歯を何とか残すための最終手段という感じでお考えください。
一言で歯周外科処置といってもその手法や目的はさまざまですが、基本的には通常のスケーリングルートプレーニングでは症状が改善されないケースに適応されることが多いです。

まとめ

  1. 歯周病治療は、なにがなくともプラークコントロール
  2. 歯周病治療は患者さんの協力が不可欠。
  3. プラークコントロール以外の治療はケースによりさまざま。

Copyright (c) Ogasawara Dental Clinic. All Rights Reserved.