どういう歯医者にかかればよいか

一般的に歯医者選びで重視されるのは「痛くない」「説明が丁寧」「やさしい」というようなところだと思います。私自身が患者の立場になったっとして、もちろんそれらも重要な事柄だと思いますが、一般的にあまり言われないことで重視したいのが「5年後、10年後、あるいはもっと先の将来の結果が良いこと」です。

極端な話ですが、虫歯治療の際に虫歯になった部分を取らずに穴だけを埋めることにより見かけ上きれいに治すこともできます。虫歯を削り取らないので痛くないですし、治療時間も短くなるでしょうから患者さんにとっては快適で、その時はいい歯医者さんだなと思うかもしれません。しかし5年後、10年後にどうなるでしょうか。歯がボロボロ、もしくは歯を失う未来が見えています。もっともそのような治療では5年はおろか数か月で取れてしまうと思いますが。これは仮定の話で、実際にはそんな極端なことをする歯科医師はいないでしょうから安心してください。

オガログ「セラミック矯正はやってはいけない?」でも触れましたが、セラミック矯正も治療直後こそ患者さんは満足しますが5年後、10年後が心配な治療法です。

私自身が治療を受ける立場だとしたら、多少治療に時間がかかってもよいので長期的に健康でいられる治療法を選択したいと思います。

しかし患者さんにとってどの歯医者が5年後、10年後を考えている歯医者なのかを判断することはなかなか難しいことです。そういう場合は治療法を選択する際にどの治療法が長期的に見ると一番いいのか、あるいは治療法を一つしか示されていないときは長期的に見てよりより治療法が他にないかを尋ねるとよいと思います。

今日において、もはや「痛くない」「説明が丁寧」「やさしい」 といったこと歯科医院としては当たり前で、人生100年時代と謳われる現代では5年後、10年後、あるいはもっと先の将来を考えた治療、そして予防が重要だと思います。